×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インナーマッスル鍛え方はトレにーングや強化方法にコツとは?

スポンサードリンク

インナーマッスルとはどんな働きがある?

インナーマッスルは英語のInner Muscle つまり内部にある筋肉を意味しています。つまり人体においてのインナーマッスルは身体の内側で構成されている筋肉自体を指すもので、代表的なインナーマッスルは腰を中心的に構成している大腰筋があげられます。

 

インナーマッスルは人体の全身的な姿勢を正しくすると同時に、上半身と下半身を結合しながら背骨と骨盤を支えるというとても重要な働きをするのです。さらには太ももの上下に動かす力の必要とする働きをも担っていて、身体の外部から触れてもとくに確認されないのがインナーマッスルなのです。

 

なお、対するアウターマッスルは、ウエイトリフティングやバーベルの使用が対象となる人体の外部筋肉をいうものです。インナーマッスルに関する人体での症状としては、下腹部が脂肪肥りのように出っ張ったりすることや、筋肉のたるみや全身に異常ともいえる肥満などがあげられますので、インナーマッスルに対しての正しいトレーニングが必要になってきます。

 

インナーマッスルの鍛え方は本人の症状にもっともよくマッチした方法が必要になってきますので、スポーツジムあるいは健康エステなどで、自分の症状をよく説明してプロのインストラクターの指示に正しく従ったトレーニングを、インナーマッスルに関して計画的に続けることが大切です。